危険物取扱者乙種第4類  取得するメリット

  1. ホーム >
  2. 資格を取る >
  3. その他の資格 >

危険物取扱者乙種第4類  取得するメリット

やはり必置義務は強いし、ビルメンに数えられるのもアピールできる!

〔 これだけの取得メリット 〕⇦ 危険物取扱者乙種第4類

  • 一定量以上の危険物を貯蔵し取り扱う施設(ガソリンスタンドや薬品会社、タンクローリーのドライバーもこれに含まれる)には危険物取扱者の必置義務がああるため当然需要がある。
  • 施設の設備管理‥いわゆるビルメン(ビルメンテナンス)4点セットのうちの1つに数えられ、ビル管理の一つの項目を担っている。
  • 上記の理由で転職や就職の武器となる。
  • 職種、職場によっては資格手当が付く場合がある。
  • 短期の勉強で取得可能である。
  • 場所によっては(そもそもどこでも受験可)年複数回の受験が可能である。

このようなメリットのある資格である。

〔危険物取扱者乙種第4類の資格を取る〕

  • 受験資格 どなたでも受験できます
  • 試験範囲 危険物に関する法令、基礎的な物理学および基礎的な化学、危険物の性質並びにその火災予防および消化の方法
  • 試験機会 年複数回(都道府県により違う)の受験が可能
  • 試験時間 2時間
  • 出題形式 五肢択一・マークシート
  • 合格基準 6割以上
  • 合格率  3割〜4割

〔危険物取扱者乙種第4類に関する詳しい内容と申し込み〕

詳しい内容と試験の申し込みは

一般財団法人消防試験研究センターをご覧ください。

〔危険物取扱者乙種第4類の試験へのアプローチ〕

試験範囲のボリューム、合格率からいえば、試験自体は難関ではない‥

だからこそついつい気が緩みがちになってしまうが、できれば確実にこの受験で合格を勝ち取る意気込みが重要である。

必要な勉強時間は60時間1日2時間で1ヶ月の学習は必要であろう。

勉強の進め方としてはTEXTを読み進めていき、章ごとに過去問を解いて進めていく‥最終的に過去問の正解率を90%以上に持っていって、試験前日にしっかりとチェックを怠らなければ合格圏内である。

〔おすすめのTEXT・問題集〕

〔すきま時間を利用する〕

    © 2021 きりん日より Powered by AFFINGER5