第三種冷凍機械保安責任者 取得するメリット

  1. ホーム >
  2. 資格を取る >
  3. その他の資格 >

第三種冷凍機械保安責任者 取得するメリット

高圧ガスを使用する関係上安全のため特に知識が必要。


〔 これだけの取得メリット 〕⇦ 第三種冷凍機械保安責任者

法律(高圧ガス保安法)により冷凍機械を取り扱う業務には管理者の設置が義務付けられているため需要がある。

空調設備も大規模なものだと冷凍機械に含まれるものもあるが、特に取り扱いやシステムに関しての知識が備わっているものとのアピールになる。

施設の設備管理‥いわゆるビルメン(ビルメンテナンス)4点セットのうちの1つに数えられ、ビル管理の一つの項目を担っている。

上記の理由で転職や就職の武器となる。(取得が条件の場合や優遇される場合がある)

短期の勉強で取得可能である。

このようなメリットのある資格である。

〔第三種冷凍機械保安責任者の資格を取る〕

  • 受験資格 どなたでも受験できます
  • 試験範囲 高圧ガス保安法に係る法令・冷凍のための高圧ガスの製造に必要な初歩的な保安管理の技術
  • 試験機会 年1回
  • 試験時間 保安管理業務/90分・法令/60分
  • 出題形式 五肢択一・マークシート
  • 合格基準 各科目6割以上
  • 合格率  3割〜4割

〔第三種冷凍機械保安責任者試験に関する詳しい内容と申し込み〕

試験の詳しい内容と申し込みは

高圧ガス保安協会をご覧ください。

〔第三種冷凍機械保安責任者の免許を取る〕

第三種冷凍機械保安責任者試験の合格のみで免許の取得が可能(申請書の提出のみ)‥ちなみにボイラー技士(ビルメン4点セット)の場合は試験合格+実技講習の終了が必要。

〔第三種冷凍機械保安責任者の試験へのアプローチ〕

合格率からいえば、ビルメン4点セットの中では第2種電気工事士と並んで難しい方に入るが、しっかり対策を立てて学習すればもちろん合格できる資格である。

ただしビルメン4点セットの内で唯一チャンスが年1回しかないので1回で確実に合格を勝ち取りたいところだ

必要な勉強時間は60時間1日2時間強で1ヶ月の学習は必要である‥ただし年1回しかチャンスがないのを考慮に入れて+10時間でダメ押しの「過去問もう1回」を実施して確実に合格しよう。

勉強の進め方としてはTEXTを読み進めていき、項目ごとに過去問も同時に進めていく‥最終的に過去問の正解率を90%以上に持っていって(3回+1回はやるべきでしょう)、試験前日にしっかりとチェックを怠らなければ合格圏内である。

〔おすすめのTEXT・問題集〕


    © 2021 きりん日より Powered by AFFINGER5