機械保全技能士|役に立つ資格

  1. ホーム >
  2. 資格を取る >
  3. 不動産・設備 >

機械保全技能士|役に立つ資格

【コレだけの理由】☜機械保全技能が役立つ

・機械保全技能検定試験の3級・2級と取得していくのは多くの機械を取り扱う企業にとって重要である機械保全の基礎をマスターしていくいい機会である。(どうしても機械本体の運転技術の方が重要視されがちなので)

・本来自己評価も第三者からの客観的な評価もしづらい仕事なので自分の実力を目に見える形で把握できるのでモチベーションのUPにつながる。

・諸外国に比べ生産性が低いと言われている日本においては機械保全が果たす役割は特に重要ですので当然資格取得の評価は高い。

・全くのZEROからのスタートでも短期間で3級→2級とマスターできる。

※このように取得メリットのある資格です。

まずは機械保全技能検定の試験を知る事から

 

【 2021年度 機械保全技能検定試験 】

   


  • 2021年8月30日(月)

       ↕︎  申し込み期間(インターネット申請)


  • 2021年9月24日(金)

     


  •  2級‥2021年12月19日(日) 学科・実技とも(基本)


  • 特級・1級・3級‥2022年1月16(日)学科・実技とも(基本)

    外として、全級の電気系保全作業の実技のみ‥2021年12月4日(土)〜2022年2月27(日)のいずれかの実施者指定日

 

  • 受験資格 3級はどなたでも挑戦できます・2級は3級合格または実務2年または学歴要件その他・1級は(2級合格+合格後実務2年)または(3級合格+合格後実務4年)または(実務7年)または(学歴要件+実務要件)その他・特級(1級合格+合格後実務5年)
  • 試験範囲 下記記載
  • 試験機会 年1回(2021年度の3級のみ年2回)
  • 試験内容 3級(学科60分/実技70分または110分)・2級(学科100分/実技80分または110分)・1級(学科100分/実技80分または100分または110分)・特級(学科120分/実技150分)
  • 合格基準 3級・2級・1級特級とも(学科65% / 実技60%)
  • 合格率(平成30年) 3級最終48%・2級最終17%・1級最終14%・特級最終23%

各級の想定レベル

3級機械保全の職種における初級の技能者が通常有すべき技能およびこれに関する知識
2級機械保全の職種における中級の技能者が通常有すべき技能およびこれに関する知識
1級機械保全の職種における上級の技能者が通常有すべき技能およびこれに関する知識
特級機械保全の職種における管理者または監督者が通常有すべき技能およびこれに関する知識

試験範囲

〈 学科試験・3級/2級/1級 〉

  • 機械一般
  • 電気一般
  • 機械保全法一般
  • 材料一般
  • 安全衛生
  • 選択科目(機械系保全法・電気系保全法・設備診断法(1/2級のみ))

〈 実技試験・3級/2級/1級 〉

  • 選択科目(機械系保全法・電気系保全法・設備診断法(1/2級のみ))

〈 学科試験・特級 〉

  • 工程管理
  • 作業管理
  • 品質管理
  • 原価管理
  • 安全衛生管理および環境の保全
  • 作業指導
  • 設備管理
  • 機械保全に関する現場技術

〈 実技試験・特級 〉

  • 工程管理
  • 作業管理
  • 品質管理
  • 原価管理
  • 安全衛生管理
  • 作業指導
  • 設備管理

〔 機械保全技能検定試験に関する詳しい内容と申し込み 〕

試験の詳しい内容と申し込みは

公益社団法人 日本プラントメンテナンス協会 をご覧ください。

〔 機械保全技能検定試験へのアプローチ 〕

まずは3級から勉強することになるが試験の範囲・ボリューム・合格率からいえば、試験自体は難関ではない‥、TEXTをしっかり読み問題をこなしていけば大丈。

2級に関しては合格率だけで言えば数ある2級の試験の中でもかなりの難関である、しっかりと確実にこの1回の受験で合格を勝ち取る意気込みが重要である。

1級特級に関しては実務経験をかなり積んでからの受験であり2級よりも難関である、おそらく仕事と両立しながらの受験になるので明確にキャリアアップや何らかのモチベーションが必要である。

勉強の進め方としてはTEXTを読み進めていき、章ごとに過去問を解いて進めていく‥最終的に過去問の正解率を90%以上に持っていって(2級以上は最低3回はやる必要がある)、試験前日にしっかりとチェックを怠らなければ合格圏内である。

勉強時間の目安は3級30時間‥1日1時間で1ヶ月、

2級60時間‥1日1時間で2ヶ月あるいは1日2時間で1ヶ月、


あくまでも試験日にしっかりと仕上がっていることが大事である。

合格後のビジョン

どんな資格にも共通して言えることですが、

合格する人の特徴として、当然合格するという前提でその次の一手を考えるものです。

遠慮することはありません、勉強の合間にでも機械保全技能士の求人情報などをどんどん取り入れることは、

モチベーションを高める意味でも有効な手段です。

リクルートエージェント|転職支援実績 NO.1:業界最大級の転職エージェントです

dodaエージェントサービス|転職の悩みを解決:満足度の高いエージェントです

まずは登録して情報を獲得しよう。

〔 まとめ 〕

・今回は機械保全技能検定試験の取得をおすすめしました。

・機械保全技能検定試験の3級・2級と取得していくのは多くの機械を取り扱う企業にとって重要である機械保全の基礎をマスターしていくいい機会である。

・試験の概要、試験へのアプローチ方法なども合わせてご覧ください。

・諸外国に比べ生産性が低いと言われている日本においては機械保全が果たす役割は特に重要ですので現場の方にはおすすめです

    © 2021 きりん日より Powered by AFFINGER5